当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

アニメ青のオーケストラのあらすじは?原作版との違いも!

エンタメ
スポンサーリンク

アニメ青のオーケストラが、2023年4月9日(日)17時からNHKのEテレで放送スタートしましたね!

この作品は、阿久井真による日本の音楽漫画作品で、漫画アプリ「マンガワン」でも連載中の累計発行部数300万部越えの人気作品で、ファンの間では青オケとも呼ばれています。モデル校、千葉県立幕張総合高校も実在し気になる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、

アニメ青のオーケストラのあらすじは?原作版との違いも調査してみました!

吹奏楽部やオーケストラ部の人は共感できる描写も多いよ♪

それでは早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

アニメ青のオーケストラ、あらすじは?

 

主人公の青野一(はじめ)は、世界的に活躍するヴァイオリニストの父親から過酷なレッスンを受け、コンクールで数々の成績を収めていた天才少年。しかし、ヴァイオリン一筋の父親は家庭を顧みることをしない上に不倫をし、母親と離婚。一(はじめ)は、それをきっかけにヴァイオリンを辞めてしまいます。

中学3年生の秋、一(はじめ)は、体育の授業でけがをし保健室で休んでいるとヴァイオリンの音色が聞こえてきました。ヴァイオリンを弾いていたのは秋音律子。初心者の律子の音色は、一(はじめ)からすると不協和音にしか聞こえません。しかし律子は、熱心にヴァイオリンを練習し続けます。

一(はじめ)の実力を知る担任は、律子にヴァイオリンを教えるように指示します。家庭の事情で辞めたヴァイオリン。一(はじめ)は拒否しますが、強引に教えるよう仕向けられます。

明るく正義感あふれる律子とのレッスンは、性格が合わず反発することが多いですが、律子のヴァイオリンに対する情熱に、一(はじめ)は少しずつレッスンを始めていきます。

レッスンをしていたある日、律子は一(はじめ)にヴァイオリンを弾くように促します。律子は、一(はじめ)の素晴らしい音色に感動し、一(はじめ)自身もヴァイオリンが好きなことに気づきます。

高校進学を考える時期、一(はじめ)は、先生の勧めで音楽が盛んな海幕高校への受験を勧められます。やる気になった一(はじめ)は、律子に勉強を教えてもらい受験に向けて頑張り始めます。

無事に入学を決めた2人。ここから高校のオーケストラ部で個性豊かな仲間たちと出会い、それぞれの情熱を音楽にのせた青春アンサンブルドラマが始まります。

スポンサーリンク

アニメ青のオーケストラ原作版との違いは?

アニメ青のオーケストラのアニメは、原作漫画のエピソードを組み合わせてストーリーを構成しています。原作にある細かい描写や展開がカットされることが多く、アニメオリジナルのエピソードも追加されています。

アニメ青のオーケストラの原作版は実はまだ完結していません。

アニメ放送が始まったので、原作は完結していると思っていましたがまだ続います。そのためアニメの終わり方は未知数になり、原作との違いが出てきそうですね。

逆に、アニメが好評で放送が長期になればその間に原作が完結する可能性もあります。

アニメ放送が、高校卒業前、最後のコンクールを終え、それぞれの進路で活躍するという感じでアニメが終わるのか、それとも新章シリーズで音楽大学に進むという展開も面白そうですね!

アニメでは、原作には描かれていないシーンや、原作の描写よりも詳細に描かれたシーンが存在します。また、アニメならではの演出や表現方法を用いたシーンもありアニメ向けにアレンジしています。

原作とアニメ、それぞれ異なる表現方法を用いているため、両者を楽しむことができますね。

まとめ

アニメ青のオーケストラのあらすじは一度ヴァイオリンを辞めた天才少年が、1人の少女との出会いで再びヴァイオリンをはじめ、音楽が盛んな高校へ進学し、オーケストラ部の仲間たちと青春を繰り広げる音楽アニメです。

アニメと原作の違いは、アニメ放送開始でも、原作は完結していないため原作と違うシーンや展開がたくさん出てくることが予想されます。

音楽を通して青春のアンサンブルを奏でるアニメ青のオーケストラ。今後の展開も楽しみですね!

そらちゃんのゆるブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました