当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

【前田和摩】出身高校やプロフィールは?高校駅伝成績や記録も!

エンタメ
スポンサーリンク

前田和摩選手は、東京農業大学の陸上部に所属するスーパールーキーで、今年の箱根駅伝予選会では、日本人トップの目標を達成し、2区区間3位で6人抜き。

東京農業大学10年ぶり70回目の晴れ舞台に導きました!

  • 「前田和摩選手って、どんな選手?」
  • 「高校ってどこ?どんな成績を残してきたの?」
  • 「なぜ1年生でも期待されているの?」

1年生で、既に期待されている前田和摩選手について色々と気になりますよね。

そこで今回は、

【前田和摩】出身高校やプロフィールは?高校駅伝成績や記録も調査しました!

▼箱根駅伝関連記事はこちらから▼
\本番の生中継とガイドブックでより楽しもう!/
スポンサーリンク

【前田和摩】出身高校は?

出身高校は、兵庫県の私立報徳学園!

前田和摩選手の出身高校は、兵庫県西宮市上大市に位置する報徳学園です。

報徳学園は、1911年(明治44年)に神戸御影の実業家により創立されました。

中学校から一貫教育を受けている生徒と、高校から入学する生徒がいます。そのため偏差値は、40~60台と差があります。

私の地元でもある兵庫県では、報徳学園といえば「野球」のイメージが強いです。甲子園に春は20回出場し2回優勝。夏は14回出場し1回優勝しているよ。

でも・・・陸上も名門だし、卒業生にスポーツ選手など、有名人も多いよね!

出身高校である報徳学園の卒業生で有名人は?

報徳学園の卒業生の中には、有名人の方が40名以上います!

一部列挙すると、

  • 安田尚弘(元野球選手)
  • 奥村慶之(サッカー選手)
  • 角上清司(アナウンサー)
  • 金村義明(元プロ野球選手)
  • 古野正人(プロ野球選手)
  • 高橋謙介(長距離走選手)
  • 山崎勝己(プロ野球選手)
  • 細川大輔(元水泳選手)
  • 夙川アトム(お笑い芸人)
  • 赤澤全彦(プロゴルファー)
  • 大串正樹(衆議院議員)
  • 竹澤健介(長距離走選手(北京五輪代表))
  • 日和佐篤(ラグビー選手)
  • 栃乃若導大(力士)
  • 茶谷優太(俳優)
  • 森山未來(俳優)

有名人の方は、スポーツ選手(野球選手/陸上選手/ラグビー選手/水泳選手/力士・・・など)が多いです。

高校時代はどんな生徒?

前田和摩選手が高校時代どんな生徒だったのか・・・という情報は今のところ見当たりませんでした。

ただ、高校時代から陸上に関して成績がよかった事や、箱根駅伝出場校として低迷していた東京農業大学を進学先に選んだ理由に、「自分がまだ強くなかったころから東京農業大学の村上和春コーチが声をかけてくれていた。」「コーチの人柄の良さに惹かれた。」と語っています。

そのため、前田和摩選手も同様に人柄の良い人で、義理人情のあつい人なのでは?ということが推測できます。

この時から、前田和摩選手に目をつけていたコーチもすごい目利きですよね。

また、下のインタビューを見ていると、前田和摩選手の性格は、粘り強いということもわかりますね!

自分の目標を明確に持ち、やるべきことに向かって泥臭く走る!ことを実行する選手で、

どうすれば目標を達成できるか、物事を冷静に見極める力も持っている選手ということもわかりました。

スポンサーリンク

【前田和摩】プロフィールは?

前田和摩選手のプロフィール

  • 名前:前田 和摩(まえだ かずま)
  • 生年月日:2005年1月16日(現在18歳)
  • 出身地:兵庫県西宮市
  • 出身中学:西宮市立深津中学校
  • 中学の部活:サッカー部(冬場のみ陸上部の助っ人で駅伝に参加)
  • 出身高校:報徳学園
  • 出身大学:東京農業大学/食料環境経済学科
  • 血液型:A型
  • 身長:177㎝
  • 体重:55㎏

中学時代、サッカー部だったんだね!陸上部じゃなかったのにビックリ!!

小学校4年生から始めたサッカーと水泳で既に体力がついていたのかも。また、6年生の時に、マラソン大会で学年1位になって「長距離もいてるかも!」と思ったみたい。

それが、今ではスーパールーキーと言われるまでにも!

東京農業大学を選んだ理由3つ

前田和摩選手が東京農業大学を選んだことに対して、「他にも進学先があったのに、なぜ?」ということが以前、話題になっていましたね。

東京農業大学は、ここ最近、駅伝はご無沙汰となっていました。そのため他の強豪校へ進学すると考えられていました。

その理由は大きく3つあります。

  1. 信頼できる監督やコーチがいる。特に、村上和春コーチには高校1年生の頃から声をかけてもらっていて惹かれた。
  2. 東京農業大学の練習方法が自分のスタイルにあっていて実力が伸ばせられると考えた。
  3. 目標のオリンピック出場に、東京農業大学ならいい準備ができると感じた。

前田和摩選手は、自分はじっくり練習するタイプと分析しています!

進学先は、『東京農業大学』か『山梨学院大学』かで迷っていた話もあるね。山梨学院大学のOBの間では、「前田くんが来てくれなかった・・・」と残念がっていたようだよ。

2023年10月14日のスポーチ報知では、「マラソンでオリンピックや世界選手権などで勝負できたら・・この大学で4年間いい準備ができたらいいです。」という内容の報道をしていました。

高校生のころは、箱根駅伝を目標としていたそうですが、陸上を通してマラソンの世界をしり、他の大会にも興味を持ち始めたようです。

4年間、色々な経験を積んでオリンピックの夢を叶えてほしいですね!

【前田和摩】高校駅伝成績や記録は?

前田和摩さんの高校時代の駅伝や成績はどうだったのでしょうか。

高校ではインターハイ4位入賞

高校1~3年生の成績をまとめました!

高校1年生 全国康応駅伝 5区広範囲区2位
高校2年生 兵庫県高校駅伝 1区1位
高校3年生 兵庫県高校駅伝 1区1位
高校3年生 インターハイ5000m 日本人トップの4位

結果を残しているということで、すごいことはわかったけど、陸上について知らないとどれだけすごいかわからない・・・

という方もいますよね!

私も陸上部ではなかったので、細かなタイムで『すごさ』がわかりませんが、全国の高校生男子の平均タイムと前田和摩選手の自己記録を比較してみました。

さらに、前田和摩選手と同じ関西出身(大阪学院大学)出身で、シドニーオリンピック金メダリストの高橋尚子選手の現役時代のタイムも記載しますね!

種目 全国高校生     平均タイム    (1年生) 全国高校生    平均タイム    (2年生) 全国高校生     平均タイム   (3年生) 前田和摩   選手 高橋尚子   選手
1,500m 6分18秒 6分3秒 5分57秒 3分52.23秒 4分22.89秒
5,000m 22分6.2秒 21分47秒.2秒 22分12.7秒 13分56.65秒 16分16.10秒
10,000m 48分7.9秒 47分24.2秒 48分22.9秒 28分3.51秒 34分2.2秒

この比較をみても、前田和摩選手の速さがよりわかりますね!

これならオリンピックも近づいているかも~

大学ではスーパールーキー

2023年に東京農業大学に入学後の成績をまとめました!

5月14日 関東学生陸上競技対校選手権      (インカレ)5000m 4位 13分57秒25
6月17日 全日本大学駅伝選考会10000m U20日本歴代2位 28分03秒51
10月14日 箱根駅伝予選会/ハーフマラソン 日本人トップ 1時間1分42秒
11月5日 全日本大学駅伝 2区区間3位 31分11秒(区間新)

大学入学後、好成績をおさめています。特に、箱根駅伝予選会は、箱根駅伝本番より厳しいともいわれる予選会でしたが日本人トップも残しています。

このまま箱根駅伝の本番まで怪我無く調整をしてほしいです!

また、東京農業大学 農友会陸上競技部の自己記録は下の通りです。

1500m  3:52.23
5000m 13:56.65
10000m 28:03.51
ハーフマラソン  1:01:42

まだ1年生ランナーの前田和摩選手、今後の成長がますます注目を集めそうですね。

まとめ

今回は、【前田和摩】出身高校やプロフィールは?高校駅伝成績や記録について調査しました。

前田和摩選手の出身高校は、兵庫県の報徳学園でした!

高校でもしっかりと結果を残した選手であったこともわかりました。

箱根駅伝2024、当日どんなドラマが繰り広げられるのか楽しみですね~♪

\推しを見つけて箱根駅伝をより楽しもう!/

楽天ブックスなら送料無料!!
▼箱根駅伝関連記事はこちらから▼

そらちゃんのゆるブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました