当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

千歳基地航空祭2023ブルーインパルスの時間は?飛行ルートや穴場はどこ?

イベント
スポンサーリンク

千歳基地航空祭2023が、7月30日(日)に行われブルーインパルスも飛行しますね!

航空祭に行くならやっぱり普段見ることのできないブルーインパルスは見たい人は多いのではないでしょうか。

当日、会場に行かなくても穴場スポットはあるのでしょうか。穴場スポットや飛行ルートもわかれば混雑を避けてゆっくり鑑賞することもできますよね。

そこで今回は、

千歳基地航空祭2023ブルーインパルスは何時から?飛行ルートや穴場についてもお話しするよ。

ブルーインパルスは、滋賀県で実際に見たことがあるけど、本当にかっこよくて見に行って良かったよ~

そうだね♪

どうやってあんなキレイそろって飛行できるんだろう?あのパフォーマンスは何度見てもいいよね。

それでは見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

千歳基地航空祭2023ブルーインパルスの時間は?

千歳基地航空祭2023ブルーインパルスの飛行時間は、お昼の12時10分~12時50分となります。

展示飛行の詳しいスケジュールは、下の画像のとおりになります。

ブルーインパルスは、スケジュールの一番最後で30分間の飛行となります

ブルーインパルス以外にもたくさん展示があるので、早めに行ってゆっくりみてもいいかもしれませんね。

ブルーインパルスだけみたい!!という人が12時前ぐらいに会場にどどっとくると予想されるので混雑を回避するためにも時間に余裕をもつことをおすすめします。

これまでの来場者数は、

  • 2016年:76,000人
  • 2017年:68,000人
  • 2018年:84,000人
  • 2019年:40,000人

となっており、コロナ5類になった今年は7万人ぐらいの来場者数になる可能性が高いですね。

また、夏休みに入っているのでそれも併せて混雑しそうです。

 

それでは気になるブルーインパルスの飛行ルートや穴場についてもみていきましょう。

 

スポンサーリンク

千歳基地航空祭2023ブルーインパルスの飛行ルートや穴場はどこ?

飛行ルート

千歳基地航空祭2023ブルーインパルスの飛行ルートの詳細は、2023年7月23日時点では、情報は出ていませんでした。

しかし、公開されている当日のタイムスケジュールや基地会場の案内図をみて予想することができます。

有料観覧席が会場の南側になるので、そのあたりがきれいに見れるスポットになっていそうですね。

南側は、南千歳駅がある方角です。

 

 

千歳基地航空祭2023ブルーインパルスの穴場は、主に5か所ありますよ。

穴場スポット:新千歳空港展望デッキ

飛行機を見るための展望デッキということもあり、ここはかなりきれいに飛行がみれるようです。

SNSにあげてくれた写真、ものすごくきれいですね♪

 

穴場スポット:新千歳空港温泉

ターミナルビルの4階にある新千歳空港温泉は、温泉に入りながらブルーインパルスが見れるそうですよ。

温泉に入りながら、ブルーインパルスの飛行パフォーマンス!!リラックスしながら見れるのがいいですね。

 

穴場スポット:青葉公園

青葉公園は千歳基地の会場からすぐ近くです。

  • こちらは、駐車場も無料
  • ピクニック広場ではキャンプ(日帰り)やバーベキューも可能。

会場内にはテントなどの設置は禁止されているため、青葉公園でバーベキューを楽しみながらブルーインパル飛行まで楽しむのもありですね!

 

穴場スポット:ノーザンホースパーク

会場から14㎞と離れていますが、ここはブルーインパルス展示飛行をほぼ真正面から見ることができます。

SNSでもこんな書き込みを見つけましたよ。

こちらもブルーインパルスを見ながら動物との触れ合いも楽しめ、子供連れの方はより楽しめますね。

 

穴場スポット:新千歳モーターランド

ノーザンホースパークにほど近い新千歳モーターランドでもブルーインパルの飛行が見れるようです。会場から離れるので混雑回避ができますね!

 

私が滋賀県で見た時は、会場には入ったものの、ものすごい人だったのと、飛行が近すぎて迫力はあったけど遠くから飛行全体をみたかったので急遽会場を出て隣接している田んぼの真ん中でみたよ。その時の光景がこちら~

 

 

田んぼの真ん中って周りに建物がなくて、青い空と田んぼの緑にブルーインパルスが最高のコントラストでものすごく良かったよ。

なので、絶対会場で見なきゃって思わなくてもいいかも~

ブルーインパルスが始まるまでに会場の展示やお土産を楽しんで、始まるころに会場の外に出るのも1つ。

会場の外から見たから駐車場へ帰りやすく、渋滞もかなり避けられたよね。

あと30分でも遅かったらかなりの渋滞に巻き込まれていたと思う…

まずは、熱中症対策になるものが絶対必要です。

私が見に行った時も真夏のものすごく晴天の日でした。

 

ブルーインパルスを見るのに便利なもの

千歳基地航空祭2023ブルーインパルスの開催は、2023年7月30日(日)と真夏に突入していますね。

当日の北海道の最高気温が27°で30°近くあります。また、会場では人混みが予想され、熱気もすごいと考えられます。

最後に、私が滋賀県でブルーインパルス見た際に持って行って良かったアイテムを6つご紹介します!!

 

①アイスクーリング

  • 会場に日影がある場所が少なかったので、これはかなり重宝しました。
  • 暑い日は日常でも使えるので、熱中症対策にもおすすめです。

 

②双眼鏡

  • 遠くから飛行する様子も双眼鏡のおかげで、しっかり見ることができました。
  • 子どもと取り合いになったので、複数あるといいかもしれません…。

 

③ハンディファン

  • 首から吊り下げされるので、両手をあけて使用するのが便利でした。
  • 子供連れの方はこちらを使い手をつなぐことや荷物を持つこともできますよ。

 

④冷感タオル

  • 首の後ろの日よけ対策としても便利でした。
  • また、帽子もずっとかぶっていると汗だくなので帽子の代わりに使いました。

 

⑤サンシェード

  • ブルーインパルスを楽しんだ後、これをしておくだけで車内の中の高温をさけられる。
  • 収納も簡単なこちらが便利でした。

 

⑥軽量コンパクト椅子

  • 飛行時間まで待つのも、飛行をゆっくり見るにもやっぱり椅子があると快適でした。
  • 我が家は子供が暑い中疲れた~となっていたので1つで持って行っていて良かったです。

 

 

まとめ

千歳基地航空祭2023ブルーインパルスの時間は、2023年7月30日(日)12時10分~12時50分です。

千歳基地航空祭2023ブルーインパルスの飛行ルートは、現時点で情報は出ていませんでしたが、南千歳駅の方角が飛行ルートの可能性が高いです。

千歳基地航空祭2023ブルーインパルスの穴場スポットは主に5ヵ所あり、

  • 新千歳空港展望デッキ
  • 新千歳空港温泉
  • 青葉公園
  • ノーザンホースパーク
  • 新千歳モーターランド

となります。

当日はお天気に恵まれ、ステキな夏の思い出ができますように~♪

そらちゃんのゆるブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました