当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

神戸みなとまつり2023の混雑状況は?アクセスや駐車場情報も!

イベント
スポンサーリンク

神戸みなとまつり2023(KobeLovePort)が、2023年7月16日(日)、17日(月祝)の2日間開催されますね。

神戸みなとまつり2023は、神戸の夏のイベントでは最大級で、市民みんなで創り上げる夏祭り。ステージやイベント企画、屋台、キッチンカーなど神戸の魅力をアピールし、海や港に感謝をささげます。

そんな夏祭り、今年は22回目となります!!

そこで今回は、

神戸みなとまつり2023の混雑状況は?

アクセスや駐車場情報もお話しするよ。

今年もたくさん来場しそうだね♪

では、早速みていきましょう~

 

スポンサーリンク

神戸みなとまつり2023の混雑状況は?

混雑状況

神戸みなとまつり2023は、来場者数が約7万人で混雑すると予想されます。

その理由は、2つあります。

神戸みなとまつりの直近3年の来場者数をみると、

  • 2019年:約15万5千人
  • 2021年:約2万5千人(入場制限あり)
  • 2022年:約6万8千人

昨年のコロナ禍でも約6万8千人が集まっていますね。

そしてコロナ前は約15万5千人と大盛況でした!

今年はコロナが5類となったため、昨年と同じぐらい人が集まるイベントになりそうです。2019年のような来場者数は見込めないかもしれませんが、約7万人が集まるとなるとかなり混雑することは間違いないです。

また、開催日が3連休にあたっているので来場者を見込めそうでよね。

神戸みなとまつり2023が盛り上がりそうでとっても楽しみです♪

混雑する時間帯

混雑する時間帯は、主にイベントがスタートした時間からお昼すぎにかけてと夕方の2回が特に混雑が予想されます。

メリケンパークでイベントが開催されるときは、ハーバーランドのウミエやモザイクに来た人が、メリケンパークでのイベントに来てお昼を食べよう!ちょっと覗いてみよう!という方も多いので、お昼ごろには混雑することが多いです。

また、当日はキッチンカーが出ますがお昼前の11時ごろからお客さんが並び始めることもあり、人気のキッチンカーならお昼12時には完売する時もありますよ。

そして、神戸みなとまつり2023といえば、2023年7月16日(日)18時30~(19時開始)盆踊りが行われます。

※こちらは、どなたでも参加可能ですが「Kobe Love Port・みなとまつり」の公式HPより事前参加申し込みが必要です。

さらに、2023年7月15日(土)~17日(月)はみなとゆかたび納涼さんぽ2023も開催されます。

※浴衣着用でイベントに行くと素敵な特典が受けられますよ♪

浴衣をきたイベントも夜にかけて行われるので、夕方からも混雑することが予想されるよ。

神戸みなとまつりは、花火大会とは別で、神戸の人の認識では

盆踊りだよね!!っていう感じだよ。

神戸の花火大会については、別記事を書いているから見てみてね!

 

スポンサーリンク

神戸みなとまつり2023のアクセスや駐車場情報は?

アクセス情報(電車・車)

まず会場の場所を確認しておきましょう!

●会場

メリケンパーク 〒650-0042 神戸市中央区波止場町2-2

メリケンパークまでのアクセス(電車の場合)

●JR神戸線
元町駅(神戸大丸より東口) 徒歩10分

元町駅の東口にはエレベーターがついていないため、車いすやベビーカーの方は元町駅の西口の出口を利用してくださいね。

●阪急神戸線
花隈駅(東口) 徒歩12分

●阪神本線
元町駅(東口) 徒歩10分

●神戸市営地下鉄海岸線
みなと元町駅(出口2番) 徒歩8分

各最寄り駅についたら、南へ歩いていくとメリケンパークに到着します。

 

個人的にわかりやすい道順は、JR元町駅(東口)から南へむかって大通りをまっすぐ進むこと!

大通りを進むとき、ちょうど神戸大丸が左手、

南京町が右手に見えてわかりやすいよ。

 

メリケンパークまでのアクセス(車の場合)

●大阪方面から来る場合

阪神高速:京橋出口から右折。国道2号線「弁天町」交差点を左折。

●明石・姫路方面から来る場合

阪神高速:柳原出口を出て、国道2号線「七宮神社南」交差点を右折。

●淡路・明石海峡大橋方面から来る場合

阪神高速:神戸淡路鳴門自動車道垂水ジャンクション経由、阪神高速3号神戸線 柳原出口を出て、国道2号線「七宮神社南」交差点を右折。

 

メリケンパークやハーバーランドに来る人は車を利用する人も多いです。

土日も駐車場はかなり混んでいるので、駐車場情報もチェックしておきましょう!

 

メリケンパーク近隣駐車場3つ

今回の神戸みなとまつり2023の専用駐車場はありません。

しかし、会場となるメリケンパーク周辺やハーバーランドにはたくさん収容できる駐車場がいくつかあります!

🌟ここでの番号は、上のマップ内の番号と同じです。

🌟トイレも記載しました。

P1.タイムズメリケンパーク駐車場(神戸メリケンパーク店横)

  • 住所:兵庫県神戸市中央区波止場町2
  • 収容台数:110台(平面駐車場)
  • 料金
基本料金 30分 210円
20:00〜8:00 最大840円
月〜金 最初の60分 無料
土・日・祝日
年末年始(12/29~1/3)
最初の30分 無料

P2.かもめりあ駐車場

  • 住所:兵庫県神戸市中央区波止場町7-1
  • 収容台数:60台(平面駐車場)
  • 料金
基本料金 30分 210円
20:00〜8:00 最大840円

※ 障がい者の方は3時間分免除(1,200円)

P3.市営メリケンパーク駐車場(オークラ神戸北側)

  • 住所:兵庫県神戸市中央区波止場町47
  • 収容台数:280台(平面駐車場)
  • 料金
基本料金 30分 210円
20:00〜8:00 最大840円

 

ハーバーランドのモザイクやウミエにも立体駐車場、地下駐車場、モザイク駐車場があります。

ハーバーランドやウミエの駐車場を利用する場合は、駐車場からメリケンパークまで約10分ほど歩くことになりますが、ここの駐車場も収容台数が多いので車を停めやすいです。

また、メリケンパークへむかう道中、海や船を横目に海風を感じられ気持ちよくお散歩することができますよ。

※メリケンパークやモザイクでイベントがある時は、かもめりあという施設前で大道芸をしているときもあります!

 

モザイクやウミエでお買い物を楽しんだり、アンパンマンミュージアムがあったり、遊びどころがいっぱいの神戸!!

充実した時間を過ごせそう♪

まとめ

神戸みなとまつり2023の混雑状況は、来場者数が約7万人ほどで混雑すると予想されます。

神戸みなとまつり2023のアクセスは、電車を利用の場合、各最寄り駅から徒歩10分ほどで到着できます。

メリケンパーク周辺の駐車場は、大きく3か所あります。その他にも、ハーバーランドのモザイクやウミエにも収容台数が多い駐車場が複数あります。

神戸みなとまつりで夏の思い出をまた1つ増やしたいですね!

お天気に恵まれますように♪

そらちゃんのゆるブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました