当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

パリオリンピック新種目のブレイキン採用理由4選!ルールも解説!

エンタメ
スポンサーリンク

2024年パリオリンピックで新種目としてブレイキンが加わりましたが、選ばれた理由について、気になりませんか?

ブレイキンがなぜ注目され、採用されたのか、その背景にはいくつかの理由がありました。また、この競技のルールや魅力について知ることで、パリオリンピックをより楽しめることが出来ます!

今回の記事では、

  • パリオリンピック新種目のブレイキンが選ばれた理由4選!
  • パリオリンピック新種目のブレイキンのルールは?
  • パリオリンピック新種目のブレイキンとは?

以上について知ることが出来ます!

スポンサーリンク

パリオリンピック新種目のブレイキンが選ばれた理由4選!

パリオリンピック新種目にブレイキンが選ばれた理由は4つあります!

  1. 若者にオリンピックに興味関心を持ってもらうため
  2. ブレイキン競技人口が世界中で増えている
  3. ブレイキンの精神がオリンピック理念と一致している!
  4. ブレイキンがフランスでブームになっているため

それぞれ1つずつ説明します。

若者にオリンピックに興味関心を持ってもらうため

ブレイキンを新種目の競技とすることで、若い世代にオリンピックへの関心を高める狙いがあります。

2021年7月20日プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMESによると、「東京オリンピックの開催日を知っていますか」という質問に関しては、2人に1人が「知らない」と回答しました。

  • コロナ禍
  • 若者のテレビ離れ

この2つのことが、このデータに繋がったと考えられますが、自分の生活にダイレクトに影響していないという理由が大きかったようですね。

若者のテレビ離れの背景には、SNSの普及で自分好みの情報や自分と親しい人の情報が受け取りやすくなったことがあげられ、このことから受動的にテレビを観なくなった若者には、オリンピックに関する情報が届きにくくなっていることが予想されます。

ドラマでも見逃し配信もあるしリアルタイムでテレビを見ることが減ったよね。

若者たちのオリンピックに対する関心が薄れつつある中、特に若年層から高い人気を誇るブレイクダンスを採用することで、この傾向をとどめるための戦略と考えられますね。

ブレイキンの競技人口が世界中で増加

ブレイキンは、世界中で競技人口が増加し国内だけでも600万人以上がストリートダンスに親しんでいます。その中でもブレイキンは最も人気のあるジャンルになります。

また、2018年のユースオリンピックで正式種目として採用されたことにより、ブレイキンは多くの観客を引き寄せることに成功しました。

この実績が、リンピックの新種目として採用されるのに高く評価されたよ。

ブレイキンの精神がオリンピック理念と一致している!

ブレイキンの精神に「ダンスと音楽で世界の壁を越える」という考え方があります。

人種差別など越えた平和な世界を表しオリンピックの精神と一致しています。

オリンピックの精神とは?

近代オリンピックの父と呼ばれる、クーベルタンが唱えたオリンピズム=オリンピックの精神は、「スポーツを通して心身を向上させ、文化・国籍などさまざまな違いを乗り越え、友情、連帯感、フェアプレーの精神をもって、平和でよりよい世界の実現に貢献すること」としています。

誰でもどこでも平等に楽しめる競技でオリンピックにピッタリだね。

ブレイキンがフランスでブームになっているため

1980年代にブレイクダンスはヨーロッパや日本にも伝わり人気を得ました。そして、開催国であるフランス内でもブレイキンの人気となり、オリンピックの新種目として後押ししたとされています。

ブレイキンを新競技に加えることで、オリンピックはもっと多様な文化やスポーツを受け入れるようになり、若い人たちとのつながりも深まりそうですね。

若者が興味関心のあるスポーツを取り入れることで、オリンピックが現代の流行や若者の声に応えて進化しようとする姿勢も感じられるね!

スポンサーリンク

パリオリンピック新種目のブレイキンのルールは?

パリオリンピック新種目のブレイキンのルールとは?

パリオリンピック2024のブレイキンでは、男女各1種目が開催されます。

16名のBボーイ(男子)と16名のBガール(女子)がそれぞれ1対1で対戦します。

また、選手は、6歩などのフットワーク、ウィンドミルなどのパワームーブ、フリーズなどの要素を巧みに組み合わせて演技を行います。

その中でDJの流す曲のリズムやビートに即興で動きを合わせて個性あふれる演技をします。

初オリンピックでのメダルバトルが楽しみだね!

一般的なブレイキン競技のルール概要も説明するね。

ブレイキンはどのような競技内容?

  1. バトル形式: ブレイキン競技は通常、バトル形式で行われます。つまり、2人または複数のダンサーが対戦し、審査員が勝者を選定します。
  2. ラウンド: バトルは複数のラウンドで構成されます。通常は1ラウンドあたり数分間です。各ラウンドで、ダンサーは自分のパフォーマンスを披露し、対戦相手に対抗します。
  3. 審査基準: 審査基準は、技術、創造性、音楽性、表現力などが含まれます。ダンサーはこれらの要素を組み合わせてパフォーマンスを行います。
  4. 音楽: 音楽はブレイキン競技に欠かせない要素です。ダンサーはビートやリズムに合わせて動きます。
  5. フリースタイル: ブレイキンは一部のコアムーブメントやスタイルを持っていますが、基本的にはフリースタイルのダンスです。ダンサーは自由に動き、独自のスタイルやムーブを披露します。
  6. フェアプレー: ブレイキン競技はフェアな競技です。ダンサー同士や審査員との尊重、礼儀正しさが重要です。

大会やイベントによって細かいルールが異なりますが、1から6のルールが取り入れられていることが多いです。

最後にブレイキンについて、全く知らないという人のためにブレイキンについて簡単に説明も書いておくね。

パリオリンピック新種目のブレイキンとは?

パリオリンピック新種目のブレイキンとは、ニューヨーク発祥のストリートダンスです。ギャングが抗争を収める際に暴力ではなく、音楽とダンスを用いたのが始まりとされています。

ブレイクダンスは頭や背中で回ったり、片手で体を支えてポーズを決めたりするアクロバティックな技が多いのが特徴です。

また、ブレイクダンスという言葉を耳にしたことがあるかもしれませんが、これは日本のメディア独自の用語で、世界では「ブレイキン」と呼ばれています。

【まとめ】パリオリンピック新種目のブレイキンが選ばれた理由とルール!

今回は、パリオリンピック新種目のブレイキンが選ばれた理由4選!ルールも解説してきました。

ブレイキンがパリオリンピック新種目として選ばれた理由は4つありました。

  1. 若者にオリンピックに興味関心を持ってもらうため
  2. ブレイキン競技人口が世界中で増えている
  3. ブレイキンの精神がオリンピック理念と一致している!
  4. ブレイキンがフランスでブームになっているため

ブレイキンのルールは、男女ともに1対1で対戦し、選手は、6歩などのフットワーク、ウィンドミルなどのパワームーブ、フリーズなどの要素を巧みに組み合わせて演技を行います。

初オリンピックのブレイキン、選手にも注目していきたいですね♪

そらちゃんのゆるブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました