当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

【愛子さま】日本赤十字社に就職した3つの理由!仕事内容や待遇は?

エンタメ
スポンサーリンク

天皇皇后両陛下の長女・愛子さまが、この3月に学習院大学を卒業し、4月から日本赤十字社に就職することが決まりました。

日本赤十字社って献血のイメージがあるけど、愛子さまはなぜ就職先に選んだのか気になりますよね。

  • 日本赤十字社を就職先に選んだ理由は?
  • 嘱託職員としてどんなお仕事内容なんだろう?
  • 毎日勤務するのかな?

 

そこで今回は、

愛子さまが、日本赤十字社に就職した3つの理由とは?

嘱託職員の仕事内容についても調査したよ。

スポンサーリンク

【愛子さま】日本赤十字社に就職した3つの理由とは?

福祉活動の思いが強かった!

愛子さまは、福祉への熱い思いを抱いています。社会への貢献心から、災害ボランティアにも積極的に関心を寄せています。

愛子さまの福祉への思いは、日本赤十字社の人道的支援活動と一致し、その理念に賛同していますね。

愛子さまは、今回の地震をテレビの報道で見て人の役に立つ人々に感銘を受けたようだよ。

また、盲導犬や聴導犬の働く動物たちの存在も動物好きの愛子さまにとって心惹かれるものがあったみたいだね!

皇室との深い繋がりがあった

日本赤十字社は歴代の皇后との深い結びつきがあり、現在も皇后さまが名誉総裁を務めています。

愛子さまにとって、母が日本赤十字社の名誉総裁をつとめ活動していることもあり、身近な存在だったかもしれません。そのため、就職先として選んだ理由の1つになったのでしょう。

愛子さまは、両陛下とともに日赤本社を訪れ、その活動に深い理解を得ています。彼女の参加は、歴史的な伝統と結びついた公共活動への貢献を象徴しており、皇室との絆を強調しています。

公務と仕事を両立するため!

愛子さまは、公務と仕事の両立に真剣な意欲を示しています。

学業を優先しながらも、両陛下を支えるために公的な活動にも積極的に参加しています。これは、将来の皇位継承者としての役割に加えて、一般の社会においても積極的な役割を果たす意向を反映していますね。

スポンサーリンク

【愛子さま】日本赤十字社の嘱託職員の仕事内容は?

嘱託職員の仕事内容は?

愛子さまが日本赤十字社の嘱託職員として働いたときの仕事内容は、具体的にどういうものをするか現時点では発表されていません。

しかし、嘱託職員の一般事務の業務には、企画・広報・人事・経理などがあります。また、国際協力や国際人道法に関する業務もあり、愛子さまがどんな業務にあたられるか、今後の発表が楽しみですね。

今回、愛子さまは内定にあたり、一社会人として自覚をもって社会に役立つことができればとコメントされています。

社会人としてこれからますます色んなことを経験され、成長されていく愛子さまの活躍が楽しみですね。

嘱託職員のお給料は?

日本赤十字社の嘱託職員(一般事務)のお給料は月23万円でした。

その他、社会保険に加入、通勤手当や時間外手当の支給もあります。

私は大学で嘱託職員をしているけど月18万。一般的な嘱託職員よりお給料が高い印象だね!

雇用期間は通常1年のようで更新できるかは業務状況によるそうです。

日本赤十字社とは?

日本赤十字社は、日本で活動しているボランティア組織で、明治時代に始まり皇后さまや皇太子さまなど皇室の方々も関わっています。

日本赤十字社は、災害や事故、戦争などで傷ついた人たちを助ける活動をしています。例えば、大きな地震や台風が起きた時、または病気やけがで苦しんでいる人々に、医療や支援の手を差し伸べています。

また、団体のロゴであは赤十字マークは、国際的にも使われている記号で、医療の提供だけでなく、血液の提供も促進しています。血液は手術や病気の治療に欠かせないもので、献血活動を通じて多くの人たちの命を支えています。

日本赤十字社は、ボランティア活動を通じて社会に貢献することを大切にしている団体です。

【愛子さま】日本赤十字社へ就職することに世間の反応は?

SNSをみると、愛子さまが日本赤十字社で働くことに対して喜びの声が多く見られました。

心優しい愛子さまが興味関心のある場所で働けるのがすごく嬉しいね。

まとめ

今回は、愛子さまが、日本赤十字社に就職した3つの理由!嘱託職員の仕事内容についてまとめました。

就職先として選んだ理由は主に3つ。

  • 福祉への思いが強かった
  • 皇室との深い繋がりがあった
  • 公務と仕事を両立するため

嘱託職員としての仕事内容は、現時点では未発表でした。

愛子さまの社会人としてのますますのご活躍が楽しみですね!

そらちゃんのゆるブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました