当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

【佳子さま】着用パーカーのブランドはピエロ!再販や購入サイトを調査!

エンタメ
スポンサーリンク

佳子さまが、ペルー訪問時にマチュピチュで着ていたベージュのパーカーが、プチプラなのに着こなし上手でキャサリン妃のよう!

そして、どこのブランドなの?と話題となっていますね。

ピエロは、数年前に藤本美貴さんがイメージキャラクターも務められたプチプラのお洋服ブランドになります。

実は、私もピエロのお洋服愛用者!!だから今回、佳子さまが普段着ていたという事にもびっくりしたけどとっても嬉しくなりました~♪

このピエロのパーカー、すでにかなりお問い合わせが殺到しているということで公式サイトでは売り切れのようです!

そこで今回は、再販があるのか?購入できるサイトについてご紹介しますね!!

スポンサーリンク

【佳子さま】着用パーカーのブランドはピエロ!

佳子さまが今回着用されたパーカーのブランドは、Pierrot(ピエロ)といいます!

きれいめ系のコーディネートの定番ブランドで、20代〜40代まで幅広い年齢層の女性に愛されています。

また、Pierrot(ピエロ)の特徴をあげると…

  • 平均価格2,000円〜5,000円から買える安いプチプラ通販
  • 骨格診断で似合う服が見つかる!約10問の30秒で終わる質問に答えるだけで、筋肉・脂肪の付き方、関節の大きさの違いなどから【ストレート/ウェーブ/ナチュラル】3つのタイプに分類。
  • 骨格診断アドバイザーのオトノフミさんによる監修で、自らが生まれ持った身体のラインや質感の特徴から、最も綺麗に見えるスタイリングが分かります!
  • 低身長さん(150cm〜155cm)や高身長さん(150cm〜155cm)にも合う服が揃う
  • アクセサリーやバッグの小物アイテムまで揃いキレイめスタイルのコーディネートが完成!
  • 1万円で3~5着コーディネート買いも出来ます♪
  • 5,500円以上購入で送料無料になるのでお得。
  • 雑誌/メディア掲載アイテムもそろう。

また、Pierrot(ピエロ)の中にも、3つのシリーズが展開され、

  • marvelous by Pierrot:10代〜40代
  • RASW:20代〜40代
  • lulpini:3~12歳の女の子

lulpiniに関しては、ママと子供のお揃いコーデも取り扱ってくれています!

スポンサーリンク

【佳子さま】着用パーカーの再販は?

佳子さまが着用していたパーカーは、Pierrot(ピエロ)の『ヘムフレアフーディブルゾン』です。

再販情報は、現在、予約再販が11月10日(金)18時頃~スタートしています。

商品は、12月22日より順次発送となります。

Pierrot(ピエロ)は、売り切れ商品でも、再入荷通知のご登録をすることで、再入荷した時に通知が届くようになっています。

また、Pierrot(ピエロ)は、公式のアプリもあるのでそちらを登録するのもおすすめです。

※サイズ・カラーごとにメールでの再入荷通知が届きます。

今回、再入荷はされるようだけど数量い限りがあるので即完売が予想されます!

このパーカーは、春や秋ごろの少し肌寒いときにとっても便利で重宝しますよ。

因みに佳子さまが着ていたパーカーは、ベージュの色になるみたい!

【佳子さま】着用パーカーの購入サイトは?

Pierrot(ピエロ)のお洋服は、公式のHPからもでも購入できますが、商品によっては楽天市場やAmazon、ZOZOTOWNでも購入することはできます

>>ピエロのサイト

Pierrot(ピエロ)の公式サイトから購入すると、サイト内でポイントもたまり、また定期的に安くで購入できるキャンペーン(送料無料など)をやってくれるのでプチプラなお値段にさらにお得に購入できるのが有難いです。

楽天市場なら、楽天ポイントで支払いすることもできますよ。

再販するぐらいの人気の商品は、公式サイトからの購入が確実です。

【佳子さま】着用パーカーの口コミは?

佳子さまが着用していたパーカーめざましテレビでも取り上げられて、「欲しい!」という口コミがSNSでも多く見られました!

このパーカー、ペプラムの感じが可愛いですよね!

ペプラムのヒラヒラがそんなに強調されていないし、シンプルで合わせやすいです。

\50万枚売れたピエロのテーパードパンツ/

まとめ

今回は、佳子さま着用パーカーのブランドはピエロ!再販や購入サイトについてご紹介してきました。

再販の予約は、2023年11月10日(金)18時~Pierrot(ピエロ)の公式サイトから開始しています。確実に欲しい方は、予約をしておきましょう!

そらちゃんのゆるブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました