当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

芦屋サマーカーニバル2023の開催日は?混雑状況やアクセス方法も!

イベント
スポンサーリンク

芦屋サマーカーニバル2023は、毎年10万人が訪れ地元ではサマカとも呼ばれ親しまれている花火大会!

今年も芦屋サマーカーニバル2023に行く人や、初めて行こうと思っている人は開催日や混雑状況、アクセスも気になるところですよね。

そこで今回は、

芦屋サマーカーニバル2023の開催日は?混雑状況やアクセス方法も調べてみたよ。

神戸の花火大会は夏の開催がなくなったから、芦屋まで見に行きたいな♪

うんうん♪

そういう考えの人って多いと思うよ。

それでは早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

芦屋サマーカーニバル2023の開催日はいつ?

芦屋サマーカーニバル2023の開催日時は、2023年7月22日(土)19時45分~20時30分の45分間となります。

※雨天決行・荒天中止。昨年は、当日の16時にどうするか判断されていたようです。

開催場所は、 芦屋市総合公園、潮芦屋緑地、潮芦屋ビーチの3つです。

 

 

開催場所は、芦屋浜でさえぎるものがないため、名物の3D花火を思いっきり堪能できそうですね!

 

スポンサーリンク

芦屋サマーカーニバル2023の混雑状況は?

芦屋サマーカーニバル2023の混雑状況は、今年もかなり込み合うことが予想されます。

理由はいくつかあり、

  • 毎年約10万人が訪れる
  • コロナが5類となり外出の規制がなくなった
  • 神戸の夏の花火大会がなくなり、芦屋まで足を運ぶ人が増えると予想される
  • 日中も市民による野外ステージやスポーツ教室など、楽しめるイベントが企画されているpeople’s park ~芦屋市民広場~ 市民ステージと市民縁日の20店舗は、13時00分~21時00分まで。

そのため昼間から混雑が予想されますが、毎年会場内は18時から大変混雑しています。花火を見る方は、1時間前までに行くようにしましょう!

芦屋サマーカーニバルは「市民広場入場券」または「観覧席チケット」をお持ちの方のみ入場可能です。

チケットの申し込みは、

  • 「市民広場入場券」➡ NPO法人芦屋市民まつり協議会のサイト
  • 「協賛観覧席」➡ ローソン
  • 「企画観覧席」➡ ①ホテルプラザ神戸の予約サイト                           
  • 「企画観覧席」➡ ②ライズホテル大阪北新地の予約サイト

 

芦屋サマーカーニバル2023のアクセス方法や通行規制は?

芦屋サマーカーニバル2023のアクセス方法

以下の3つが主なアクセス方法となります。

各路線からのアクセス
●JR芦屋駅より徒歩約40分
●阪急芦屋川駅より徒歩約40分
●阪神芦屋駅より徒歩約30分、打出駅より徒歩約40分

また、花火大会当日は、例年17時~24時に広い範囲で通行規制が行われるため歩行者専用道路を約30分かけて歩くことになります。

周辺道路への自家用車、タクシー、バイクでの乗り入れはできません。

会場周辺に駐車場の設定は無いため会場には公共交通機関で行くことになります。

自転車は、駐輪場があるため使用できますが混雑状況の中乗り入れるのは危険かもしれません。人ごみの多い場所では、自転車から降りて歩くことをおすすめします!

 

まとめ

芦屋サマーカーニバル2023の開催日時は、2023年7月22日(土)19時45分~20時30分の45分間です。天候は、雨が荒天の場合、当日の夕方にどうするか発表されるようです。

アクセスは、広い範囲で通行規制が行われるため歩行者専用道路を約30分かけて歩くことになります。自家用車、タクシー、バイクでの乗り入れはできません。

芦屋サマーカーニバルは、日中から打ち上げ直前まで市民による野外イベントやお笑いライブ、縁日の屋台など楽しめるイベントが満載です。花火までの時間どうしようかな?と悩むことも少なそうですし、夏の思い出として家族で堪能できる時間となりそうですね!

日中からお出かけする方は、真夏の炎天下対策で飲み物や日焼けアイテムなど忘れないように準備したいですね♪

そらちゃんのゆるブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました